6693.トランプ以前には戻れない

オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり
11/24(火) 19:28配信 ニューズウィーク日本版
プーチンは「信頼できない派閥のボス」、メルケルは「あまりに保守的」、サルコジは「二枚舌」──各国指導者への辛口評価のオンパレード>


全2巻の刊行が予定されているバラク・オバマ米大統領回顧録の第1巻『プロミスド・ランド(約束の地)』が、11月17日に発売された。この本でオバマは、在任中に会った各国の指導者にかなり辛口の評価を下している。

ロシアのウラジーミル・プーチンは米地方政界の派閥のボスを思わせ、フランスのニコラ・サルコジは「大げさなレトリック」が大好き。中国の指導層については「世界秩序の覇権を握る準備ができていなかった」と書いている。

(中略)

最も興味深い逸話の1つは、ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領(当時)との間で米ロ関係を「リセット」したいというオバマの望みが、本当の実力者であるプーチンに会って崩れ去ったというものだ。その頃プーチンは首相だったが、大統領に返り咲くタイミングを計っていた。オバマとの会談でプーチンは「永遠に続くかに思われた独白」を展開し、「それまで彼とロシア国民がアメリカから受けたという不正義、裏切り、侮辱を全て並べ立てた」。さらにプーチンは、ロシア側がオバマの前任者であるジョージ・W・ブッシュに対し、テロ組織のアルカイダイラク大統領だったサダム・フセインに関する機密情報を提供すると申し出たのに、ブッシュは「忠告を聞かずイラクを攻め、中東全域を不安定化させた」と不満を述べたという。プーチンの長広舌はさらに続き、NATOがいかにロシアの勢力圏を侵食し、民主主義を無謀に推進しているかをまくし立てた。全ては、その後10年の米ロ関係に影を落とすことになる問題だった。側近からプーチンの印象を聞かれたオバマは、シカゴで草の根の声を政治に反映させる「コミュニティー・オーガナイザー」としてキャリアを出発させた経験からか、「奇妙なほど、よく知っているタイプだった」と答えた。「米地方政界の派閥のボスみたいだ。核兵器と国連安全保障理事会の拒否権を持っていることは別にして」と、オバマは言った。「周りは笑ったが、私は大真面目だった。まさにプーチンは、シカゴやニューヨークの政界を牛耳っていた人物を思わせた。タフで抜け目なく、感情に流されず、得意の領域から逸脱しない。利益供与や賄賂、脅し、ペテン、そして時には暴力を使うことも取引のためならいとわない」。そういう人物は「信用できない」とオバマは書く。

オバマはトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領や、チェコバツラフ・クラウス大統領(当時)ら東欧の指導者の一部にも不信感を抱いていた。民主主義の実現に向けた彼らの関わり方を、薄っぺらなものに感じていた。

エルドアンについては「私の要請におおむね誠意を持って対応してくれた」としながら、「さまざまな不満や、批判されたと感じたことについて話すときには、声が1オクターブ高くなった。民主主義や法の支配の推進に向けた彼の取り組みは、自身の権力維持の役に立たなくなったらあっさり放棄するだろうという印象を強く受けた」と書く。

(中略)

オバマはドイツのアンゲラ・メルケル首相を「正直で知的で優しい」人物と高く評価していた。だが一方で、彼女があまりに保守的で、ドイツ政治の制約を抜け出せないことも認識するようになった。

やはり中道右派の指導者だったフランスのサルコジについては、二枚舌で全く信用ならない人物だと分かったと言う。「彼は自国のことについて明確な方針を立てられる様子ではなかった。まして、ヨーロッパのことなど考えられるはずがなかった」

(後略)

----------------------------------------------------

トランプ以降、世界政治はトランプ以前には戻れない。気取り屋オバマさんさえ、↑程度は率直に書かないと回顧録さえもう売れない。外交儀礼やこぎれいな物言いは不要。フツーの人人にそって率直分かりやすくあるべきだ。一人一人を尊重しないロシア・トルコ・中国の大陸帝国型体制はもうそれだけでダメ、仮にロシアのように地域戦争に勝ちエルドアンのようにキリスト教に勝ち中国のように経済で勝っても、ダメなものはダメ。欧米その他自由世界はもっと自信をもってはっきりそう言い切るべきだ。体制国家の人々一人一人に直接訴えるべきだ。

6692.桜よりモリカケを

安倍氏側、「桜」領収書廃棄疑い 夕食会補填900万円超

2020/11/25 19:27 (JST) ©一般社団法人共同通信社

 安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、安倍氏側が不足分の費用を補填した際にホテル側が発行した領収書を、安倍氏側が廃棄した疑いがあることが25日、関係者への取材で分かった。補填額は昨年までの5年間で計900万円を超えることも判明した。東京地検特捜部が、政治資金規正法などに抵触する可能性もあるとみて経緯を調べている。関係者によると、費用を負担したとみられるのは、安倍氏が代表を務める資金管理団体「晋和会」。ホテル側は晋和会宛てに領収書を発行したが、安倍氏側が廃棄した可能性があるという。

桜のずるなどカワイイもの、お茶を濁そうという魂胆だ。モリカケスパ詩織さんの解明こそ大事。あさましい利権追及、役人に過度の忖度、など政治の在り方こそ追求されるべきだ。野党も与党もメディアも識者もちゃんと動いてほしい。

6691.黄之鋒・周庭ら収監

香港活動家の黄之鋒氏、周庭氏ら収監 デモ扇動の罪認める
AFPBB 2020年11月23日 19:11 発信地:香港/中国

【11月23日 AFP】(更新)香港の抗議デモをめぐって起訴された民主派活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン、Joshua Wong)氏(24)、周庭(アグネス・チョウ、Agnes Chow)氏(23)、林朗彦(アイバン・ラム、Ivan Lam)氏(26)の裁判が23日、香港の裁判所で開かれ、3人は起訴内容を認め、収監された。3人は昨夏に香港の警察本部がデモ隊に包囲された一件をめぐり起訴されており、黄氏は違法集会の扇動と企画について、林氏は扇動について、周氏はデモを扇動し参加したことについて、それぞれ起訴内容を認めた。これらの罪状は、有罪なら最高で禁錮5年に相当するが、裁判が行われている裁判法院(簡易裁判所)が科すことのできる刑の上限は禁錮3年と決められている。

 裁判開始を前に黄氏は、「私たち3人はすべての罪状を認めることに決めた」「きょうこのまま収監されても驚かない」と報道陣に述べ、「自由のために闘い続ける…今は中国政府にこびへつらい、降伏する時ではない」とコメント。林氏は「悔いはない」と述べていた。黄氏は法廷から連れ出される際に「持ちこたえよう、(刑務所の)外に居続ける方が厳しいことは分かっている」「加油(頑張れ)!」と大声で呼び掛けた。周氏は以前から、刑の減軽を見込んで罪を認める意向を示していた。黄氏と林氏は当初、法廷で争う姿勢をみせていたが、裁判開始時に戦略を変え、起訴内容を認める方向に転じていた。(c)AFP/Su Xinqi and Jerome Taylor

6690.トランプ敗戦拒否

バイデン氏、「恥ずべきだ」とトランプ氏非難 敗北拒否の影響否定―米大統領
時事 2020年11月11日08時27分

 【ワシントン時事】米大統領選の勝利を確実にした民主党バイデン前副大統領(77)は10日、トランプ大統領が敗北を認めないことについて「恥ずべきことだ。彼のレガシー(政治的遺産)のためにならない」と非難した。地元デラウェア州ウィルミントンで開いた記者会見で語った。バイデン氏は敗北拒否に関し「私たちにとってそれほど重要ではない。(就任日の)1月20日には全てが実を結ぶ」と強調。政権移行の支障にはならないという認識を表明した。移行手続きを進めるためトランプ政権を提訴する案も取り沙汰されるが、バイデン氏は「法的措置が必要とは思わない」と否定した。
 バイデン氏は10日、仏独英とアイルランドの首脳と相次いで電話会談。各国首脳に「米国は戻ってきた」と伝え、米外交を国際協調路線に転換する考えを明らかにした。
 バイデン氏は内政、外交両面で移行に向け政治活動を活発化させているが、トランプ氏は10日、「われわれは勝つ」とツイッターに記し、改めて法廷闘争継続への決意を示した。米メディアによると、バー司法長官は大統領選の投票や集計の「不正」に関する捜査を正当化する書簡を連邦検事に送った。選挙をめぐる捜査は最終結果の確定まで行わないという慣例を破る行為だという。

 

慣例やぶりのトランプさんだ、トランプさんらしくていい。ツイッターで直接発信したのもトランプさん。既成メディアのフェークぶりを公言したのもトランプさん。間違っても72百万の投票あったトランプさんだ(バイデンさんは77百万)、本音を隠してのかっこいい敗戦の弁より法的権利行使し粘るのは当然だ。議員資格を平気で剥奪する中国体制国家などとは2重3重に違うことを示すことにもなる。

他方、米国大統領選方法ももっと変わっていくべきだ。納税額や私的ビジネスの公開ないままで4年間終わった、これはオカシイ。大統領選候補は相当程度私的情報公開を当然にすべきだ。お祭り騒ぎの全国行脚もいいカゲンにし、どうせ1年以上かけるのなら、スポーツやクイズ番組方式の知識見識情緒マネジメント能力のコンテストをやったうえでの投票がいい。工夫次第で良質コンテンツにできるしもっと多くの人が自然に政治参加できるようになる。

6689.香港議員資格停止

香港議会、民主派が集団辞職表明 4議員の資格剥奪受け
AFPBB 2020年11月11日 20:00 発信地:香港/中国

【11月11日 AFP】(更新)香港・立法会(議会)の民主派議員らは11日、集団辞職を表明した。これに先立ち、中国の全国人民代表大会全人代、National People's Congress、国会に相当)の常務委員会が香港政府に対し、国家安全保障上の脅威とみなす議員の資格剥奪を認め、議員4人が資格を剥奪されていた。民主派議員15人を率いる胡志偉(Wu Chi-wai)議員は「われわれ民主派は、資格を剥奪された同僚議員らへの連帯を示し、集団辞職する」と発表した。
 中国が香港国家安全維持法(国安法)を導入して以降、ソーシャルメディア上の投稿を理由にした拘束や、活動家らの海外逃亡が相次ぐなど、窮地に立たされている民主派にとって、今回の議員集団辞職はさらなる打撃となる。香港政府は同日、全人代の常務委員会が、国家安全保障上の脅威とみなす議員の資格を、法的手続きを踏まずに剥奪できると決定した数分後に、民主派議員4人の資格を剥奪した。香港行政長官は親中派の選挙委員らによって選出されるが、立法会の70議席のうち半分は直接選挙で選ばれるため、市民750万人が投票によって声を届けられる数少ない機会となっている。しかし民主派議員らの集団辞職後は、議員のほぼ全員が親中派となる。香港市民は政府トップに加え、議員の半数も投票で選ぶことができないため、中国による統治への反発が増大。昨年には、暴力も頻発する大規模な抗議活動が何か月も続いた。(c)AFP

 

コロナ禍とトランプ敗戦拒否の中、中国共産党は香港民主主義弾圧を露骨に強める。タイの反軍権反王制デモ隊は連帯(Milktea Allianceというらしい)を示すが、世界の民主勢力や政府も自分たちのことばかりで事実上手も足も出せない状況。情けない。

6688.イタリア国会三分の一削減

イタリア 上下院の議員定数 一気に約3分の1減へ
NHKニュース 2020年9月22日 17時08分

イタリアで、議会の議員定数を削減する憲法改正案の賛否を問う国民投票が行われ、議会上院と下院の議員定数のおよそ3分の1にあたる340人以上を一気に削減する案が、賛成多数で承認されました。イタリアは長年、議員の汚職や不正が問題になっていて、おととしの選挙では、既成政党を批判し、議員定数の削減を公約に掲げた新興政党の「五つ星運動」が躍進しました。連立政権を率いる「五つ星運動」の主導で議会は議員定数を大幅に削減する憲法の改正案を可決し、20日から21日にわたってこの改正案の賛否を問う国民投票が行われました。改正案では議会上院は現在の315人から200人へ、議会下院は現在の630人から400人へと、およそ3分の1削減するとしています。イタリア内務省によりますと開票はすべて終わり、賛成はおよそ70%、反対はおよそ30%で、議員定数を削減する案は賛成多数で承認されました。投票率は51.12%でした。この結果、次の選挙から、議員定数は一気に340人以上減ることになりました。

五つ星運動」の前代表のディマイオ外相はツイッターに「きょう成し遂げたのは歴史的な結果だ。五つ星運動がなければ実現しなかった」と投稿し、成果を強調しました。

 

イタリア 議員定数3分の1以上を削減へ
日テレ 9/22(火) 12:38配信 Nippon News Network(NNN)

イタリアで議員定数削減の是非を問う国民投票が行われ、議員定数の3分の1以上が削減されることになりました。イタリアでは2年前の総選挙で、政治腐敗を批判する政党「五つ星運動」が与党になり、議員定数の削減など議会改革を訴えていました。

今回、国民投票にかけられた削減案は、上下両院の定数を945議席から600議席へと3分の1以上減らすものです。20日から21日にかけて行われた国民投票では、開票の結果、賛成がおよそ7割を占めました。これにより、次回の総選挙から新たな定数が適用されることになります。議員の定数が3分の1以上削減されることで、年間で1億ユーロ、日本円で120億円以上の歳費の削減が見込まれるということです。

--------------------------------------------

安倍前政権は野田政権交代時、2012年暮れ、安倍さん「来年の通常国会において、私たちは選挙公約で定数削減と選挙制度改革を行っていくと約束しています。今この場で、そのことをしっかりと約束しますよ」と国会答弁したにも関わらず、全く無視したまま長期政権を終えた。この国の国会での約束が、いかに出鱈目か、国民をコケにしているか、物語っている。

6687.北の新体制?

アングル:北朝鮮国営メディア、変身中 台風実況やネット発信
ロイター 9/4(金) 15:14配信

[ソウル 3日 ロイター] - ここ1週間で2つの台風に襲われた北朝鮮で、国営テレビが異例なことに外国の放送を思わせる報道を繰り広げている。あふれ出た水に記者が膝までつかりながら、ほぼリアルタイムで状況を伝えているのだ。アナリストによると、孤立したこの国にも国際メディアが浸透して競争が激化。こうした状況を前に、国のプロパガンダ機関であるメディアがゆっくりと進化している。最新の実例が3日の放送だった。テレビ放送が夜通しで行われるのも画期的で、記者とキャスターは国内の各地に飛び、風雨にさらされながら大声で最新の状況を伝えた。おそらく台本なしで行われた実況中継は、朝鮮中央テレビ(KCTV)ではめったに見られない瞬間だった。雨でびしょ濡れの記者が、中継の最中、傘を手渡そうとしてきた男性をすげなくかわす光景まであった。

北朝鮮問題専門の米シンクタンク「38ノース」のマーティン・ウィリアムズ氏は「朝鮮中央テレビとしては、驚くほど迅速かつ正直な放送だ。こんなのは今まで見たことがない」と言う。金正恩朝鮮労働党委員長は先週、台風被害の拡大を防ぐため、一層尽力するよう呼び掛けており、ウィリアムズ氏によると、今回の放送は、ほぼ確実にトップダウン反応した結果だ。「必要な検閲と承認が何層も複雑に重なっているため、かなり上層部の承認が無ければこうした放送はできない」と分析する。

<進化するメディア>

米政府でかつて北朝鮮アナリストを務めていた女性は、問題を隠そうとするのではなく、透明性を高めて解決しようとする金氏の方針が、今回の放送に反映されていると指摘。「北朝鮮のメディアにとって、自然災害による被害は常に、非常にセンシティブなテーマだった。洪水に見舞われた場所から、ほぼリアルタイムの報道を流すことは考えられなかった」と話した。金氏の現政治体制が始まった当初から、北朝鮮のテレビはスタイルやフォーマット面でさまざまな実験を行ってきた。若い世代をニュースキャスターに起用する、ニュースでグラフなど図画を多用する、韓国の娯楽ショーをまねるといった試みだ。前出の元北朝鮮アナリストは「金正恩氏は早い段階から、韓国その他の外国から押し寄せるメディア・娯楽コンテンツと競うため、KCTVは時代に追いつく必要があることを理解していた。KCTVが近代化に励んでいるのはそのためだ」と語った。

<世界に情報発信>

北朝鮮は近年、国外の視聴者も獲得しようと、オンラインメディアにも手を出している。1つの例がツイッターアカウント「@ColdNoodleFan」(冷麺ファン)。プロフィールには「反戦、平和主義で、(北朝鮮に関する)バイアスのないニュース」と記されている。ソウルのNKニュースの北朝鮮専門記者、コリン・ズワーコ氏によると、このアカウントは国のSogwangメディアグループと結びついている様子で、同グループの公式サイト等に出る前にコンテンツを公開することさえある。同アカウントのフォロワー数は約9000人、フォローしている他のアカウントはゼロ。ツイッターは最近このアカウントを凍結し「異例の行動」があったとのメッセージを表示しているが、凍結の具体的な理由は明らかにしていない。

また、「Echo of Truth」(真実のこだま)というユーチューブ(Youtube)の英語チャンネルは、北朝鮮「日常」を動画で伝える内容で構成され、登録者数は約2万9000人、再生回数は150万回を超えている。このチャンネルで最も人気を集めた動画は、平壌のピザ店、アミューズメントパークで遊ぶ笑顔の人々、新型コロナウイルスの感染状況、最近の洪水などに関するものだ。「What’s Up Pyongyang?」(平壌で今何が)などのタイトルが付いた動画シリーズでは、英語を話す若い女性が平壌のさまざまなスポットを紹介して回る。

ウィリアムズ氏によると、「Echo of Truth」はここ数カ月、北朝鮮の過去の指導者を映した旧式の動画をひそかに削除し、代わりに視聴者数の拡大につながる新しい動画に焦点を絞っている。同氏によると、中国語のオンラインメディアへの進出は、英語以上に成功を収めているようだ。中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」の北朝鮮アカウントは、フォロワー数が53万3000人に上る。ズワーコ氏は「こうした取り組みは、ソーシャルメディア北朝鮮に関する明るいメッセージで満たすことを目的としているようだ。あるいは少なくとも、海外の他のメディアが伝える北朝鮮情報に疑いを抱かせることだろう」と述べた。

(Josh Smith記者)

 

北朝鮮の新たな女帝・金与正と、浮上した最高幹部「4人組」の運命
Kim’s Sister Rises to Number Two

ニューズウィーク 2020年9月2日(水)19時20分 トム・オコナー(外交担当)

<妹・金与正らに一部権限を委譲したと報じられ、健康不安説も付きまとう最高指導者・金正恩の真の狙いはどこに>

北朝鮮金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が権限の一部を最高幹部5人に委譲した──来年1月に5年ぶりとなる第8回党大会の開催が予定され、国外で健康不安説が根強くささやかれる金をめぐって、そんな報道が浮上している。国内外でいくつもの困難に直面する強硬な核保有国、北朝鮮において問題の5人は今後、より大きく、より独立した役割を担うことになるかもしれない。

(中略)

韓国の情報機関、国家情報院が8月22日に非公開で報告した内容では、新たに権限を付与された者として、金与正に加えて4人の人物を挙げた。(略)専門家によれば、こうした動きは金の早期の退任を示唆するわけではない。国家情報院の報告では、金与正が「国務全般」の運営を任されたとみる。北朝鮮が歴史的な転換を行い、現在は停滞する対米・対韓政策もその一環だ。この数カ月、金与正は兄の代理として、韓国の文在寅ムン・ジェイン)大統領やドナルド・トランプ米大統領に向けた公式声明を発表している。(略)

 

【画像】左から李炳鉄、朴奉珠金正恩崔竜海、金徳訓 KCNA-REUTERS

閉鎖的な北朝鮮経済については、朴奉珠(パク・ポンジュ)国務委員会副委員長と、首相に新任した金徳訓(キム・ドクフン)がより大きな発言権を与えられた。過去に首相を2度務めた朴は、崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員会委員長に次ぐ序列3位とされる。金銭をめぐる不正行為や、金正恩の処刑された叔父、張成沢チャン・ソンテク)との親密な関係を理由に懲戒処分を受けたと噂されたこともあるものの、産業界や労働部門で長らく経験を積んできた人物だ。国家的重要度の高い職場の現地視察など、今や朴は目に見える役割を担っている。8月25日には「共同現地指導」を行うべく、石炭ガス化事業であるC1化学工業の建設現場を金徳訓と訪れた。議会予算の監督を担当したこともある金徳訓の主な役目は、内閣の長として経済を運営することだ。最高意思決定機関である朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会の一員にも選ばれ、朴、崔、李炳鉄(リ・ビョンチョル)朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長、最高指導者の金と肩を並べることになった。国家情報院の報告によれば、より広範な軍事権限を手にしたのが李と崔富日(チェ・ブイル)党中央委員会軍事部長だ。近年の李の昇格は兵器実験の成功と密接な関係にあり、過去の重要な発射実験では金と抱き合う李の姿が確認されている。北朝鮮が2018年初めに韓国やアメリカとの交渉路線に舵を切って以来、元空軍司令官の李の存在感は薄くなる一方だったが、朝鮮半島の緊張状態復活で第一線に復帰し、その勲章の数はさらに増えたように見受けられる。

別の強みもあるようだ。大方の見方では、李は金の妻、李雪主(リ・ソルジュ)の父親か祖父、またはおじだという。一方、北朝鮮の警察を管轄する社会安全省(旧・人民保安省)を率いた崔富日は、金のバスケコーチだったと報じられている。

韓国の国家情報院が非公開で行った報告には、韓国の各党議員が参加した。彼らはメディアに対して、あらゆる点から考えて金は今も絶対権力者として盤石な地位を保ち、正式な後継者の存在は確認されていないと強調している。

(後略)

<本誌2020年9月8日号掲載>

-------------------------------------------------------------

今年4月の金正恩の健康不安説以来、北権力内で何かが変わりつつあるのかもしれない。